あさみのきままな日常

ふつーの社会人の声オタ&ゲーム日記。ほぼ自分の備忘録。

キャラクタードラマCDBOOK 薄桜鬼 弐巻

オトパも終わり…あっという間に8月も終わります。。。

アニメも絶賛放送中(←録り溜め中)な薄桜鬼の余韻を引きずりつつも…

次に向かって進んでいきたいのに…

脱線し過ぎてヤンデレ鳥海さんに走ったり、BLな鳥海さんに走ったり…

VitaminXが『瞬』以外全然進んでません。。。

9月9日のイベント行くのにー!*1

とはいっても、瞬くんはもう攻略しちゃったので…

満足感はMAXですけど♪( ´艸`)

しかも脱線しすぎですが、また薄桜鬼に戻りつつあります(;´∀`)

というのも…以前。

アニメイトに行った際、薄桜鬼熱がMAXだったので♪

はじめちゃんに釣られてこちら↓を予約しちゃってました…

キャラクタードラマCDBOOK 薄桜鬼 弐巻(斎藤一 編 & 藤堂平助 編)
キャラクタードラマCDBOOK 薄桜鬼 弐巻(斎藤一 編 & 藤堂平助 編)

先週の金曜日、ハイテンションでアニメイトへお迎えに♪

週末聞いてはデレデレしちゃってました(´∀`)

最近。。。アニメイトが楽しすぎて仕方ない

しかも。。。コレに行きたくてしょーがないよ!ヽ(;´Д`)ノ

以下、ネタバレしていますので間違って来られた方はご注意下さい。

また、Reviewというよりただの感想MEMOです。

予約した時は薄桜鬼というかはじめちゃん株が急騰していたので、、、

…って今もですが(;´Д`)

どんなものかわかってなくてもゲーム後のはじめちゃんルートの追想

と言われただけで予約しちゃいました!!!

ただ、先週アニメイトにウキウキで迎えに行ったら♪♪♪

意外にお値段がお高かったのでビックリしましたΣ(´∀`;)

…まぁ。激高ってことはないですけど、

ドラマCDとソレほど変わらないというところがちょっと。。。

もしかしたら賛否両論かなと思わなくもない部分がありますけど…

あるとすれば作品内容ではなくこの作品のボリュームとお値段が釣り合っているか…

という部分かなとはちょっと思いました。

簡単に言うと、あっという間に終わっちゃいます(´・ω・`)

なので、期待しているとちょっとガッカリしちゃうのかなぁ。。。

サラっと聴けてそれはそれで良いところもありますけどね♪

私はどんな作品なのかも良くわかっていなかったので、はじめちゃんな鳥海さんの

お声が聞けて、ゲーム後のはじめちゃんと千鶴がどんな生活を送っているのかが、

垣間見れただけで大満足でした(*´ω`*)

ほのぼのしあわせっていいなー♪

ちなみに、このCHARACTER CD BOOKは、台本とCDという構成なのですが、

CDだけを聞いても本当に台詞のやり取りなので、台本を合わせて見ないと…

よくわからないつくりになってましたΣ(´∀`;)

まぁ、はじめちゃんなり平助の声だけ聞ければというヒトは文句ないとは思いますが、

ドラマCDではないので音声だけだと…寂しい(;´д`)ノ

読みながらとなると聴けるところは限られますけど、

ある意味ゲームと同じ世界観だなぁと感じました。

ゲームの楽しみ方って人それぞれだと思うのですが…

私は主人公を自分に置き換えられないタイプだし、本を読む感覚でゲームをプレイします。

主人公の性格がかなりおかしくても受け入れられるタイプではあるので苦手なキャラって

今のところいないのですが、千鶴ちゃんはかなりお気に入りキャラなので…

2人とのやりとりだけでデレデレしちゃったよ(´∀`)

以下個別の簡単な感想MEMO。

■流星夜話 「斎藤一 」編

こんな生活を送っていたのかー、、、とひとりデレデレしちゃってました( ´艸`)

糖度はそれほどではないのかな??…(・_・?)?

基準が曖昧なのと壱と参巻を購入していないので比べられないかなぁ。。

ゲーム本編が他のゲームに比べると圧倒的に低糖ですから…

本編に比べたら糖度は高いと思います!!

ただ、ラブラブというよりもほのぼのという感じ。

キャラクター的に今更糖度急上昇して迫られてもそれはそれで…

『誰だよっ』という感じでかなり違和感あるし、

そういう意味ではきちんと延長線上という感じがしました。

朝起きての何気ないやりとりとか…

はじめちゃんを送り出す千鶴ちゃんとか…

はじめちゃんとふたりの姿が容易に想像出来ちゃって…

がかわいいのでニヤニヤでした(*´ω`*)

そして、ものすごく千鶴ちゃんを労わって大事にしてくれている感じがして…

はじめちゃんはあんな感じなので微妙って思われるヒトもいるかもしれませんが、

私は十分満足しました(´∀`*)

そしてゲームの本編があったからこそ…

この後日談での“流れ星のお話”

ふたりのしあわせというものに…

じーんときちゃいました(´∩`。)

朝起きてから夜寝るまでに流れ星のエピソードが加わって。

事件が起きるわけではないし、ボリュームはちょっと寂しいかもしれないけど、

あの続きが見られて本当に幸せでした(´∀`)

■薫風抄 「藤堂平助」編

はじめちゃんの次に攻略したのが平助だったので、

思い出深いふたりが弐巻でペアなのは嬉しかったですー♪

正直…薄桜鬼はこれから2ヶ月連続ドラマCD発売なので我慢するところはしないと!

でも。。。左之…遊佐さんが聴けないのは寂しいなぁ(´∩`。)

話を戻して!平助のお話も本編の緊張感もなく、事件も起こらない、

ふたりの日常をきりとったほのぼの1コマ。

日常のエピソードにはじめちゃんは『流れ星』が加わりましたが…

平助は…『ごはん??』かなぁ。。。(;・∀・)

なんというかはじめちゃんよりもさらにわかりやすく平助が尽くしてくれます♪

本当に大事にされているなぁとなんかうれしくなっちゃいました( ´艸`)

よかったね!千鶴ちゃん!!みたいな感じです(笑)

そしてその空気感がものすごく“本編後”…

そしてふたりでいることに慣れてきた平和さが感じられてすごく好きでした♪

でも、はじめちゃんの方よりも過去について語る場面もあり、

やっぱりじーんと来るものがありました。。

やっぱり平助はカワイイ♪そして男らしい♪

なんかふたりともほのぼの暮らしてくれているのでホッとして、

なんだか聴きながらよかったーとひとりつぶやいちゃう感じでした(*´ω`*)

あー!ドラマCD楽しみだなぁ♪

…遊戯録弐の発売延期はショックだけど。。。(´・ω・`)ショボーン

サイトも出来て、クレジットカードまで出来ちゃいました!!

まだまだ続いてくれそうな薄桜鬼がたのしみで仕方ないなぁ♪♪

そのまえに、アニメ見なくちゃΣ(´∀`||;)!!

*1:o(´∩`。)o